スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    Vジャンプ1月号(漫画 ドラゴンボール超を読んで)

    201601.jpg


    Vジャンプ1月号が定期購読で届きました!
    定期購読だと発売日前日とかに届いてくれるようでほんとありがたいです!!
    Vジャンプで私が楽しみにしているのは正直言って
    とよたろう先生の漫画、ドラゴンボール超とDBの新情報やコラボ情報くらいです。
    申し訳ないけど他はよくわかんない。
    あ、ドラゴンボールヒーローズのカードももちろん嬉しい!


    以下、感想になりますのでまだVジャンプ読んでないけれど
    何の先入観無しにまずは自分で読みたい!ってかたは読まないでくださいね。


    【 漫画 ドラゴンボール超 其之六を読んで 】


    読んでホッとしたわけ。

    ビルスさまとシャンパさまが食べ物対決するようになったいきさつ、可愛いです。
    そして第六宇宙と第七宇宙で天下一武道会のようなものを開催するのも
    殺しちゃいけない、ってルールがあるようでホッとしてしまいました。

    それでわかったことなのですが、
    たぶん私はもうドラゴンボールで殺し合いのような話はみたくないのだと思いました。
    バトルシーンや修行シーンは好きです。
    戦う姿はカッコいいし。必至で修行している姿も好き。
    でもキャラが死んで、それでドラゴンボールで生き返るって展開は
    原作で何度も繰り返してきてラストはちゃんと主なメンバーは生き返って
    平和になって整った体制で終わってる。とてもきれいに。
    そのように殺し合いやキャラが死ぬのは原作で十分やってきたことなので、
    新作アニメや映画のほうは、ほのぼの家族やお仲間的な日常生活多目で
    平和ものがいいや!って気分のようです。

    だから私は神と神や復活の「F」、ドラゴンボール超のストーリーが好きなんだ、
    ってことにいま気が付きました。
    「F」ではフリーザが死んでますが一方的に悪いことしてくる敵だからそれは仕方ないとして。
    神と神以降、仲間は死んでいないので安心して何度も観れるんです。
    (「F」でフリーザに地球滅ぼされてウイスに時間戻してもらってはいますが、
    この場合すぐに戻ったのもあってほとんど「死んだ」というショックは感じませんでした)
    なんていうか軽い。サラっとしてて重くない。でもそれがいい。


    天下一武道会のルール

    で、その天下一武道会のルールに「殺すのは反則」ってあったので
    さらにホッとしてしまいました(笑)よかったー!
    あと「事前にペーパーテスト」というベジータによる知的な提案が素敵です。
    やぱりベジータって王子様だけあってちゃんと勉強もしてきたってことですね。
    ベジータが高得点をとったりしたらベジータの頭の良さが確証されて嬉しいです。

    「知性の無い怪物をつれてこられたら困る」ってベジータが言ってますが
    これって悟空かなりヤバいんじゃないの(笑)

    試験前にベジータが先生になって悟空に勉強を教えたりしたら
    ますます面白いことになるだろうな~って思いました。


    悟空のセリフ

    「負けたって地球ごと違う宇宙に移動するだけだからたいしてかわらない」
    ってセリフに笑いました(笑)
    本気の戦いだけれど、結局はばかばかしいことになっているところが鳥山先生っぽくて好き。
    そういうのって先生が好きそう。
    あ、復活の「F」以降のストーリー、
    このシャンパ編は鳥山先生がストーリー考えているんでしたよね。


    タイツさん登場!

    念願のタイツさんも登場するんですね~!嬉しい!!
    でも固茹さんが見当たらない!!
    固茹さんとタイツのその後の関係が私はとても気になるのです。


    悟空とベジータが嫁への気持ちを素直に・・・!!

    ベジータがブルマと二人きりになるジャコに対して「ブルマに変なことするなよ」って言ったり
    ベジータが悟空に「オレは(気の強い嫁・ブルマことを)キライじゃない」)と言ったり。
    さらにベジータに対抗するように悟空が「オラだってチチのこと好きだぞ!」って言ったり。

    小中学生の会話か・・・!!!いやいまどきの小学生だったらもっとませた会話してる。
    なんて初々しいおっさん達でしょうか・・・!!(笑)
    お互いの嫁に対する気持ちを語り合うなんてまったくこの二人は・・・!!
    DB原作の、サラっと結婚しちゃたり子供できちゃたりする、
    「恋愛事情に関しては多くは語らない」が標準な私にとって、
    夫婦の内情がセリフになってここまで露骨だと複雑な気持ちです。
    読んでいたこっちが恥ずかしくなってきました(笑)

    でもおかしいとは思いません。
    ただ描かれてなかっただけで内情はこうだったのでしょう。
    ベジータもフリーザ編までは戦うことにしか興味無さそうでしたが
    地球に来ていろいろあるうちにどんどん落ち着いて精神的にも大人になっていきましたし
    (地球に来たばかりのピンクシャツ着てた頃はまだ子供(笑))
    悟空よりも家庭的になっていって。
    原作最後の天下一武道会前の悟空とベジータは子供たちについてですが
    似たような会話をしているし、家庭に落ち着いているのがよくわかりましたので。

    これ、アニメだとどうなるんでしょうか。
    悟空とベジータ、強い上に奥さんのこと認めてて大好きぶりもアピールできちゃう。
    こんな旦那たちってちょっとカッコ良すぎるし完璧。



    ベジータの最後のセリフ

    「気の強い女しかいない サイヤ人の血だ・・・」っていうのが
    とにかく今回の漫画の中で一番気になって気になって!!
    しかもピッコロまで「そういうことか!!やっと理解できたぞ!」って言ってる。
    ええーー!?これどういう意味!?考えても考えてもわかんない!

    <ここからは私の完全な予想というか妄想です>

    第1妄想

    ベジータのセリフから無理やり考えてみたところ・・・

    ・チチは実はサイヤ人(またはサイヤ人の血を引いた地球人との混血)
    ・チチとブルマの二人とも実はサイヤ人(同上)

    ピッコロのセリフからも無理やり考えてみると

    ・上の二人に加えてビーデルも実はサイヤ人(同上)
    (ピッコロは悟空の嫁、ベジータの嫁、そして普段よく見ている悟飯の嫁、
    その三人とも気が強かったからベジータのセリフに思わずやっと理解できてしまった)

    DBにはいろんな宇宙人が登場しますが、姿形が似ているのは地球人とサイヤ人くらいですからね。
    一般的な地球人と地球によくいる獣人(国王のようなタイプ)の二人の間に生まれた子供は
    しっぽが生えてて戦闘力が強くって、そういうタイプの地球人が増えていって
    まとめて別の星に移住してサイヤ人と名乗るようになったとか。

    もしこんな感じだとしたらめちゃめちゃビッグな後付け新設定となります。
    さすが原作者・鳥山先生だからやってのけた!!!みたいな。


    第2妄想

    ベジータのセリフから無理やり考えてみたところ・・・
    「(サイヤ人の男が選ぶのは)気の強い女しかいない (それが)サイヤ人の血だ・・・」

    ( )に補足のセリフを追加して・・・
    ベジータの言葉数が少なかっただけで実はこんなことを言いたかったんじゃないか?という予想。

    これなら後付け新設定というほど大げさなものではありませんね。
    あ、やっぱりそうだったんだ!という程度。





    こんな程度の予想&妄想しか私には思いつきませんが、こうして予想するのってほんと楽しいですね!
    このワクワクな気持ちはジャンプで連載を追っていたあの頃と一緒です!


    続きよりコメント返信です。

    web拍手 by FC2

    ★ドラゴンボール超 (18話) 感想に
    コメントを下さいましたmさま

    18話、とっても面白かったですよね!
    お子さんたちと一緒に楽しめる環境、最高だと思います!
    現代の子供視点から見るドラゴンボールの感想を聞けるのはとても楽しいです(*^_^*)
    コメントありがとうございました!

    rien
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    なぜチチやブルマなど気の強いガサツな女を妻にしているかピッコロは不思議だったが、元来サイヤ人は女も気の強い女ばかりなため、悟空やべジータは気の強い女に惹かれたのだと納得した。

    っていうだけです

    Re: タイトルなし

    > なぜチチやブルマなど気の強いガサツな女を妻にしているかピッコロは不思議だったが、元来サイヤ人は女も気の強い女ばかりなため、悟空やべジータは気の強い女に惹かれたのだと納得した。
    >
    > っていうだけです

    なるほど。そういうことなのかもしれませんね!

    プロフィール

    rien

    Author:rien
    ドラゴンボールオンリーブログサイト「Seventh/U」へようこそ。
    ジャンプ連載当時からのファンである自分のDBへの愛、そしてDBの素晴らしさをこちらを通して伝えていければと思います。

    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    1173位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    少年向けコミック
    242位
    アクセスランキングを見る>>
    ドラゴンボール31周年おめでとう(^o^)/

    Welcome to my website!
    This website is a unofficial fansite of DRAGON BALL.
    .
    Twitter
    リンク
    願いを叶えるドラゴンレーダー
    kurepelin.com
    .
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。