上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2
    学校へ行けない僕と9人の先生 (アクションコミックス)学校へ行けない僕と9人の先生 (アクションコミックス)
    (2015/02/27)
    棚園 正一

    商品詳細を見る





    「学校へ行けない僕と9人の先生」棚園 正一 (著)

    今回紹介するのは鳥山先生著ではありませんが、作者は鳥山先生と深く関わりがあり
    鳥山先生からのコメントが巻末に掲載されています。
    作者は小学校時代より不登校になり、家にひきこもっていました。
    ドラゴンボールを読んだりマンガを描くことが心の支えでしたが、
    鳥山先生との出逢いによって生きる希望をみつけ、
    やがて漫画家になって自立することができた作者の実話がマンガで描かれています。

    小学生時代って心も体も大幅に成長する時期に
    勉強もどんどん入ってきているものだから、複雑極まりなく、
    いったんこじれてしまうとなかなか抜け出せない
    ドロドロしたものになってしまって大変だな~って思います。
    読んでいてとても気が重くなりました。
    頭痛くなっちゃうのは仮病じゃないもんね。辛すぎる。
    いろいろあったんだなーでも作者なりに普通に入ろうと努力していてえらいなあ・・・と。
    とびきり優秀な人にはなれないんだとしたら
    「普通」に交じって生活していくのが無難ですもんね。

    作者さんのように絵が上手だったりアーティスト気質な子供って
    とっても感受性が豊かな面があるため心は繊細で
    他の子供より物事の受け止め方が大きいのもあるのではないかと思いました。
    大人、友達、社会に漂う、「見なくてよいもの」も見えてしまうというか・・・

    作者が子供だった時代は、現代以上に学校に行くことが普通で当たり前だった時代。
    親目線から見るとお母さんの気持ちはどうだったのかな・・・?
    お父さんがぽつんと「育て方を間違った」って言ってしまっていたけれど
    両親もあの手この手を考えて、それでもダメで。
    仕事などの日常をこなしながら両親の心も限界だったんだろうな・・・と親目線では思いました。
    お母さん、しばらく家を出て行ってましたし。
    きっと自分の育て方が悪かったんだ・・・と自分を責めて
    他の人が育てたらこの状況が変わるかも?とか・・・
    考えられる全ての手段をとってみたんだろうな。

    なにげなく平凡な日々を過ごしていると気が付かないものですが
    何かが起きたとき、作者が子供時代に「普通になりたい」と思っていた以上に
    親にとっても子供が「健康で」「普通に育って」くれることが
    どんなにありがたいことだったかと気が付きます。
    まずは普通の学校に普通に行って普通に生活できるだけでもう親はありがたいんです。
    それができてやっと「願わくば将来は〇〇大学へ!」なんて上を望めるんですよね。
    自分自身が親になって思うことです。

    ここからは自分の話ですが、
    そういえば自分も小学校低学年の頃、学校で頭痛がしてしまって
    毎日のように保健室に行っていたことをふと思い出しました。
    自分でもなんでそうなってしまったのかさっぱりわかりません。
    授業になると頭痛がしてきたのを考えるとやはり勉強が嫌いだったのかな・・・!?
    体が勝手にそうなってしまうんです。
    母親に聞いたところによると、引っ越してきたのもあって
    先生や友達にも馴染めてなかったのではないか?との分析でした。
    あと給食が食べられなくって5時間目くらいまで残って食べてたりww
    (そういう子は私の他に1人か2人くらいはいた)
    3年生になったらそれまでのことがウソだったように
    学校の給食も美味しいと思うようになり残さず食べられるようになりましたし
    毎日「普通」に学校に行けるようになりましたが・・・。
    小さい頃から2年生の頃までの私は、家でも外でも食事を美味しいと思えず
    味がしないというか食べるの好きじゃないし食事は不味く感じていました。
    その反動なのか3年生からは食べるの大好き&大食い傾向になりましたw
    また、3年生のときの担任の先生が熱血教師で、学級歌を作詞作曲して毎日クラスで歌ったり、
    集合写真を撮ってそれを年賀状で送ってくれたり。
    ものごとの教え方もちゃんとどうしてか、という理由を伝わるように教えてくれて
    いつも笑顔でとても魅力的な先生でクラスは一致団結していました。
    その熱血先生も今では校長先生なんだって!
    あの先生のことは一生忘れないと思います。
    やっぱり先生との出会いってすごく大事なんだろうな~

    鳥山先生のファンで手に取る方も多いと思いますが
    学校関係者にはぜひ読んでいただきたいなーと思いますし
    子供をもつご両親におすすめな本かと思います。
    少しのことには動じなくてストレスにも強く「普通」に学校に通える子ばかりじゃなく、
    ちょっとした言葉や態度に傷ついてしまうとても繊細な子もいる。
    だからこそ、先生もクラスの子たちもそういう子にはその子の気持ちに沿った
    言葉掛けや対応の仕方をしてほしい・・・そう思います。

    でも実際はなかなか難しいですよね。子供何十人にたった先生1人ですから・・・。
    先生も家庭があり自分の教え子と同じ歳くらいの子供を持つ先生も多くて
    仕事と家庭のやりくりに必至で。
    それこそ自分のストレスを教室の中で子供たちにぶつけていたとんでもない先生もみたことがあります。
    せめて小学校だけでも1クラスにつき先生を2人くらいに増やせないのかなー?
    ・・・っていつも思います。
    そうしたらもう一人の先生のまた違う目線でクラスを見渡すことができるし、
    いじめを見逃さなかったり、余裕があれば
    いじめを見て見ぬふりすることもなくなるのでは?って思ったり。
    何かのときはサポートできるからよいと思うんだけどそうもいかないのかな。

    それにしてラストの鳥山先生のあとがきの「誰も面会に来てほしくない感」に笑いましたw
    でも、「奥さん子供と趣味を愛し・・・」ってあるから、多くのひとと関わり合わなくても
    自分の大好きな少数の人との間に居心地のよい世界を作っている鳥山先生ってやっぱり素敵!



    web拍手 by FC2
    スポンサーサイト
    B4GGjk0CYAIoI_E.jpg


    うちにあるドラクエグッズのほんの一部です。
    長年かけて少しずつ増えてしまったんですよね(笑)
    攻略本類や図鑑類はイラストを見たさに。音楽も大好きなのでCDも集め・・・。
    ぬいぐるみや小さいフィギュア類は、鳥山キャラが可愛すぎて欲しくなってしまいます。

    4日に放送されたアメトークでドラクエ芸人回が放送されて、
    ドラクエのキャラのコスプレをした芸人さんたちがそれぞれのドラクエの思い出を語ったり
    ドラクエの解説をしていたのですが、私もみていて、「あるある!」がいっぱいでした。
    私もドラクエオーケストラには何度か行っていますが
    たしかに序曲が流れると号泣しちゃうんです。゚(゚´ω`゚)゚。

    ドラクエ5での究極の選択、フローラかビアンカとどちらと結婚するか。
    私はビアンカ派です(笑)
    おてんばで気が強くてちょっと年上で、そして相手を思いやる素敵な女性。
    私はビアンカちゃんをほっとけない!
    私がビアンカを幸せにするんだ~!・・・と誓って結婚しています(笑)
    ビアンカかわいい!大好き(*^_^*)


    20140202_1.jpg


    その他、芸人さんの誰かが「洞窟やダンジョンなどを攻略する際は、自作マップを作りながら進む」
    と言っていましたが、私がまさしくそのタイプ(笑)
    上の写真は今年はじめのほうにプレイしていたスマホ版ドラクエ8のときのです。
    書いておかないと忘れて同じ宝箱を何度も開けちゃったり、同じ部屋をうろうろし続けてしまうので・・・
    書きながら攻略していくのが自分的には一番ラク。
    それに、一度クリアしても、再度同じ洞窟やダンジョンにまた入らなくちゃならない・・・
    なんて試練を言い渡されることもありますから!

    それにしても、番組を見に来ていた観客の2割しかドラクエをプレイしたことないとのことで
    びっくりでした。
    私にとってドラクエはドラゴンボールとともに、人生の一部に含まれているものなので。
    ときおり思い出したようにプレイしたくなるものの、時間がなくてできないのもあり
    ハマり具合に波はありますが、心の片隅にず~っと存在してきました。
    ドラクエ知らない人生なんてもったいないんじゃない?・・・とすら私は思います(笑)


    web拍手 by FC2
    夏コミ、サークル参加された方も、買い物に行かれた方も、コスプレの方もおつかれさまでした!!
    私も炎天下のなか、熱中症対策をしつつ45分並んで入りましたよ~
    あまりの外の暑さのため、会場内が涼しく感じたほどです(笑)

    あわせてお付き合いのあるサイトマスターさん達と「J-WORLD TOKYO」に行ったり、
    DVD-BOXから、Zの名場面、海外版、昔のCM、劇場版などを
    あーだこーだ言いながら一緒に楽しみました。
    それからDBグッズを整理したり、昔のジャンプを読み返したり・・・と
    DBを堪能した夏休みとなりました☆
    DB連載時のジャンプ、だいぶ処分したと思ったのに
    残ってるの100冊どころじゃなかった・・・(笑)
    数えてないけど200冊、いやもっとありそうな。
    「J-WORLD TOKYO」についてはまた改めてレポを作成したいと思っています。

    あと2万HITありがとうございます!!
    ブログはじめてからまだ1年たっていませんが、ありがたいことです。
    記念(?)に拍手ページくらいは変更するかも・・・。

    神と神の公開が終わっても、まったくテンションは下がっていないので
    今後もドラゴンボール愛全開で続けていきたいと思いまーす(*^_^*)
    (神と神、まだ長野では上映してます)

    前置き長くなりましたが、今回はコミケつながりで鳥山先生の参加された同人誌を紹介。
    では本題に入ります。




    tdoujinshi002.jpg


    タイトル : 動じん誌
    発行 : 猫十字社
    発行年月 : 1989年7月
    ページ数 : 186ページ


    This is a Doujinshi Akira Toriyama drew in 1989.
    Title of the comic(Manga) is ROCKY.

    鳥山先生の作品名は「ROCKY」。漫画ページ数4P。
    その他、手書きの自己紹介が1P。
    自己紹介には
    名前、生年月日、身長・体重、家族の紹介、職業、好物、嫌いなもの、猫十字社との関係
    が手書きで書かれています。
    お子さんを抱っこした写真も載っています。
    猫十字社との関係は「奥様の友人」とのこと。


    tdoujinshi003.jpg

    tdoujinshi001.jpg


    マンガの主人公は、畑中六太郎(36)またの名をロッキー。
    いかにも鳥山先生が好きそうなキャラ。
    内容は、車をからめた、鳥山先生らしいギャグマンガです。

    猫十字社さんのあとがきには鳥山先生が執筆したいきさつが記されています。
    ・ 鳥山先生とは会ったことがなく、力技で無理やりメンバーに引きずりこんでしまった、
    ・ 「表紙用にかっこいいお兄さんを描いてくださいね。」とお願いしたらROCKY氏を描いてくださった、
    ・ ヤムチャみたいなかっこいいお兄さんを描いて下さいと言わなかったんだろ
    などなど。

    きっとこういうキャラが、鳥山先生的にはカッコいいお兄さんなんですよね(笑)

    他にも鳥山先生が登場する同人誌はあるのですが、
    鳥山先生=神様みたいになってしまった今ではとても信じられないことです。


    web拍手 by FC2
    てんしのトッチオてんしのトッチオ
    (2003/01/24)
    鳥山 明

    商品詳細を見る


    今日はドラゴンボールではないのですが、鳥山先生の他作品の紹介です。

    てんしのトッチオ(TOCCIO THE ANGEL)という絵本をご存じですか?
    2003年のDBリバイバルブームの頃に発売された鳥山先生の絵本です。

    toccio4.jpg   toccio5.jpg

    けっこう長い話で、
    魔人ブウのようにふとっちょなトッチオという遊び人の天使が、
    人間界に降ろされてしまい
    エンゼルランドに戻るために人助けしようとがんばる話です。
    乗り物や動物もいっぱい出てきます。
    ストーリーは感動とかいうより、ほのぼのさせてくれるもの。

    絵本を買った人向けにキャンペーンをやっていて、
    帯に応募券が付いていたので応募したら
    主人公のトッチオとマモのぬいぐるみが当選しました。
    立体化するともっとかわいい^^
    toccio.jpg    toccio3.jpg   toccio2.jpg

    先生はマンガを描くのは嫌みたいだけれど、絵本はもう出さないのかな?
    話は短くていいから、絵で見せる絵本を出してくれないかなーって思って
    ずっと待っています。

    つづきはコメント返信です☆


    【「てんしのトッチオ」 鳥山先生の絵本 & コメント返信】の続きを読む

    web拍手 by FC2

    プロフィール

    rien

    Author:rien
    ドラゴンボールオンリーブログサイト「Seventh/U」へようこそ。
    ジャンプ連載当時からのファンである自分のDBへの愛、そしてDBの素晴らしさをこちらを通して伝えていければと思います。

    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    895位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    少年向けコミック
    190位
    アクセスランキングを見る>>
    ドラゴンボール31周年おめでとう(^o^)/

    Welcome to my website!
    This website is a unofficial fansite of DRAGON BALL.
    .
    Twitter
    リンク
    願いを叶えるドラゴンレーダー
    kurepelin.com
    .
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。